2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香味醤油 - 2014.06.26 Thu


久々にたこ焼きを作ってあげようと思い仕入れた茹ダコでしたが、この調味料につられて作戦変更。

タコはそのままスライスにして上からぐるぐるっと垂らします。

思った以上の相性の良さでしたヽ(・∀・)ノ

九州産本醸造醤油をベースに純米酢、マスコバド糖、九州産無農薬ニンニク、オーガニックコリアンダー、

九州産無農薬唐辛子などが、絶妙に配合された「香味醤油 エスニックスパイス」

日本人が慣れ親しんだ醤油の自然な味わいに程よい酸味と旨みが絡み、どこか異国情緒漂う余韻・・
RIMG0673.jpg
食材の持つ特徴を壊さず旨みをジワっと引き立ててくれる美味しくて楽しい調味料です。

特にこれから暑くなるにつれてあっさりとした食材との組み合わせに重宝しそう。

冷奴にもとってもGOODです!

焼酎がススミマス~ヽ(*´∀`)ノ たこ焼きはまた今度ね~


「香味醤油 エスニックスパイス」¥600(税別)
【販売店】
星のしずく 〒839-1411うきは市浮羽町流川279-2
空豆 〒830-0045久留米市小頭町3-13
スポンサーサイト

麦の新芽 - 2014.02.23 Sun


まだまだ寒さが続き、山々にはところどころ雪も残っているようですが、筑後平野の麦畑では新芽が顔を出し
すくすくと育っていますね。見る角度によってはどこまでも続く緑の絨毯のようで、この季節ならではの美しさ
に心癒されます。この少し前には麦踏みが行われ、痛めつけられながらもこうして生き生きと育つ姿には
力強さを感じます。
麦麹
さて、そんな中、今季の麦焼酎の仕込みも後半を迎えました。これまでの仕込み方に加えてちょっとだけ
手間が増えますが新しい仕込み方にも挑戦中です。
IMG_0184.jpg
ちょっと身体がだるい時は、この麦畑の風景を思い浮かべると自然と力がみなぎってくるようで、精神的に
はだいぶ助けられているな~と思うこの頃です。

塩あん - 2013.12.31 Tue


今年も残すところ僅かとなりました。夏からの時間の経過が特に早く感じられます。さて、12月28日は毎年恒例の餅つきをしました。新年を迎えてお供えする鏡餅やお雑煮に入れる餅をつくわけですが、1つだけ年内に食してよいとされているのが“塩あん”入りの餅です。なぜ塩あん餅かという理由は「年を甘くとってはいけない」という言い伝えによります。子供のころはそんな理由を聞いても「なんで塩辛いあんこを入れないかんと~?甘くて美味しいあんこをいれればいいやん:)」と思っていました。毎年「甘いあんこに変えよう」と企てるのですが、変わることはありませんでした。家族のほとんどは塩あんが美味しいと思っていないにもかかわらず。
RIMG0149.jpg
本来の意味が理解できるようになったのは最近のことで、この伝統は続けたいと思えるようになりました。自分が好む食事を求めることは当然のことで、今の時代一般的にはそれが求めやすくなっていると思います。ただ、好むか好まざるかは関係なく知らず知らずに受け入れている食環境もあるのではないでしょうか。けして美味しいとは言えないこの塩あん餅に向き合っていると“本物の美味しさ”とは何なのかを考えさせられます。この一年どういう食生活をおくってきたのかということも・・。本物の美味しさに出会いたいという強い欲望を掻き立ててくれる塩あん餅さんありがとう!
皆様良いお年を~

第2の樽生 - 2013.07.29 Mon

廃タル2
暑さも本番。この季節蔵では仕込みは行いませんので、貯蔵中の焼酎の移動や調合、機械や容器のメンテナンス
などを行っています。そんな中、熟成に使用する樫樽の入れ替えをしました。中の焼酎を抜き出して空になった樽は
再度使用する場合もありますが、再生が困難なものなどは、このように解体し家具職人さんの下へ旅立ちます。廃タル1
汗だくになりながら、樽のタガをはずしていたらなかなか外れない樽が1本。昭和54年に当蔵に来て34年。
まだまだ使ってくれと言っているようで感慨深いものがありました。素敵な椅子に生まれ変わってまた再会しましょうね!

麦秋 - 2013.05.27 Mon

麦秋
九州地方も今日からいよいよ梅雨入りとなりました。

昨年よりも3日、例年より9日早いとの事、今年は色んな事が早く感じられます。

ここ数日の真夏日で一気に色づいた麦畑がやはり気になるところです。

本格的な雨が降り続く前に刈り入れが間に合うのでしょうか?

そんなことを考えながら福岡市へと向かう途中、甘木~筑前町の麦畑では

何台ものコンバインが独楽ねずみのように活躍中でした。

麦秋2

美しい麦秋の風景ともしばしお別れです。無事に刈り入れが終わりますように・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Stillman K

Author:Stillman K
明治18年創業の焼酎蔵、ゑびす酒造の五代目蒸留人(stillman)です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
イベント (5)
肴のお持帰り (5)
風土記 (9)
えびす様 (1)
音楽 (1)
呑処 (1)
蔵の歳時記 (1)
肴支度 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

TIME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。